サッカー上達のコツはリフティングの方法ではなく食事だ!医者が特に試合前に食べてはいけないものを解説

11.122015

この記事は3分で読めます

こんにちは、スポドクKです。

 

今回もお役に立てるように精一杯お話しします。

よろしくお願いします!

 

それでは、この記事を読んでいるあなたの能力が最大限に発揮され、所属するチームに貢献できるように祈りながら進めていきます。

 

参考記事
▶スポドクKのプロフィール

 

 

スポンサードリンク



 

 

試合前にかつ丼を食べていた高校生S君

ある大会の試合が終わってから、高校1年生のS君と話していました。

 

「今日はあんまり調子良くなかったな。体調悪いの?」と聞くと、

 

「最近、試合中にお腹が痛くなる事が多いんですよ。」と答えます。

 

 

特に熱も出てないし、風邪っぽい感じもありません。他に気になる症状は出ていませんでした。おかしいなと思って色々と話しているうちに、試合前に食べている食事の話になりました。

 

「そうだなぁ、じゃあ、今日の試合前は何食べた?」と質問すると、

 

「かつ丼を食べました!」「最近母親が気合入ってて、これ食べたら今日も勝てるって言うんです。」と驚きの答えが・・・。

 

何でもSの調子が良くない事を聞いた母親が、昔聞いた事のある縁起をかついで、「かつ丼を食べて試合に勝つ!」とばかりに一生懸命ご飯を作ってくれていた様子。

 

 

 

 

「え、マジ?」お母さんの気持ちは痛いほど分かりますが、このままではSの調子は上がってこないのは明らかです。

 

 

「それさ、お母さんにはホントに悪いけど、変えてもらおう!」

 

そう言って、どうやってお母さんに納得してもらうか、それから30分くらいS君と打ち合わせをしました。

 

参考記事
アスリートの食事では試合前のメニューやレシピや献立が1番大切だ!

 

 

 

なぜ試合前にかつ丼を食べてはいけないのか

「かつ丼で勝つ!って昔から言うし、肉を食べれば力が出るから試合前にはいいんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。

 

しかし、その願掛けは選手のパフォーマンスを落とす事は、ずいぶん前に科学的に証明されています。

 

では、なぜ試合前にかつ丼を食べない方がいいのでしょうか。

 

 

それは簡単に言うと

  • 消化しきれないから

そして、

  • 試合前の身体はかつ丼を欲してないから

です。

 

これについて1つずつ説明していきましょう。

 

参考記事
アスリートの食事では試合前のメニューやレシピや献立が1番大切だ!

 

 

 

消化にかかる時間はどのくらい?

まずは1つ目の、

  • 消化しきれないから

について考えていきます。

 

まずは栄養の超基礎だけ抑えてもらいます。

 

 

3大栄養素という言葉を聞いた事があるでしょうか?

 

  1. 炭水化物(ご飯、パンなど)
  2. たんぱく質(肉、魚、卵、大豆など)
  3. 脂肪(肉の脂肪分、から揚げ、天ぷら、中華料理など)

 

食事を大まかにこの3大栄養素に分けて考える事が基本ですが、この3大栄養素はそれぞれが消化のスピードが違います。

 

大体ですが、

  1. 炭水化物⇒2時間
  2. 蛋白質⇒3時間
  3. 脂肪⇒4時間

くらいです。

 

 

ですから、試合の2時間前に炭水化物のおにぎりを食べても消化不良にはなりませんが、例えば、ステーキやから揚げを食べたら消化が間に合わないのです。

 

 

消化不良というのは、胃や小腸の中に食べ物が残っている事なので、その状態で運動をすると胃や小腸が重くなり、引っ張られたり揺れたりして痛みを感じてしまうのです。

 

 

では、逆に試合の4時間前にから揚げを食べたら、それはセーフかと言うと、それも良くありません。

 

お腹は痛くならないかもしれませんが、決して身体の調子はよくはならないでしょう。

 

 

「あれ?時間的には消化できてるから問題ないのでは?」と思いますか?

 

しかし、それには別の理由があるのです。ただ、それを説明すると長くなるので、また次回にお話しする事にします。

 

参考記事
アスリートの食事では試合前のメニューやレシピや献立が1番大切だ!

 

 

 

まとめ

ここまで、試合前の食事についてお話ししました。

 

 

食事に関しては3大栄養素を分けて考える事が大切で、

1炭水化物(ご飯、パンなど)⇒2時間

2たんぱく質(肉、魚、卵、大豆など)⇒3時間

3脂肪(肉の脂肪分、から揚げ、天ぷら、中華料理など)⇒4時間

 

この様な消化時間になる事を知っていれば、応用ができます。

 

 

S君にもこの事を簡単に説明して、母親を傷付け無いように説明してもらいました。

 

さて、次回は試合前の食事についてもう少し詳しく説明していきます。お楽しみに!

 

 

それでは今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。


スポンサードリンク


 

 

関連記事はこちらになります

アスリートの食事では試合前のメニューやレシピや献立が1番大切だ!

▶足首捻挫のテーピングの巻き方は簡単なのか?医者のおすすめ動画まとめ

▶足首の痛みと腫れが外側か内側か前側か後ろ側にあるかで治療が変わる!!医者による足首の痛み部位別まとめ

▶足首の捻挫と骨折の違いとは?足首の骨や靭帯などの基本構造を医者が徹底解説
▶足首の内反捻挫や外反捻挫ってどういう意味?医者が足首の動きを詳しく解説

スポンサードリンク

関連記事

プロフィール

2017-04-08_151306 はじめまして、スポドクKです。私はプロサッカー選手を目指していましたが怪我で諦めました。その後、スポーツドクターを志し、現在はプロ選手からスポーツ愛好家の方々の怪我を治すのはもちろん、彼らの能力が最大限に発揮されるようにサポートしています。私自身がプロ選手を目指していましたし、現在まで多くのプロ選手をサポートしてきたので、スポーツドクターの視点から選手がステップアップするためのヒントをお伝えすることができます。ですから、怪我をしている時はもちろんのこと、怪我をしていなくても私が伝えられることは沢山あるのです。そして、私はアドバイスをする時は、現役時代だけではなくその人の人生全体を見た時にどうするべきかという視点を大切にしています。壁にぶつかったり、行き詰ったりしていて、何かヒントが欲しい時は気軽にお問い合わせ下さい。そうすることできっと前に進めるはずです。 ⇒詳しくはこちら

おすすめカテゴリー記事

  1. 16951888_xxl
  2. 足首捻挫直後の応急処置