足首捻挫で腫れなどの症状への処置でしてはいけない事を医者が詳しく解説

06.242015

この記事は4分で読めます

こんにちは、スポドクKです。

 

これまで、怪我直後の応急処置についてお話ししてきました。今まではした方が良い事についてまとめてきましたが、今回はしてはいけない事についてまとめていきます。

 

体にとってプラスの事を知るのは良い事ですが、それはマイナスになることを避けてこそ効果が発揮されます。まずはマイナスを減らすという視点も大切です。という事で、今回は怪我をして最初の2日間にやってはいけない事についてお話します。

 

項目自体は非常に少ないので、すぐに活かせるはずです。

 

参考記事
▶スポドクKのプロフィール

 

 

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

 

 

足首捻挫で腫れた時の対処法を復習

RICE処置とは、このようなものでした。

 

  • Rest(レスト) :局部の安静
  • Icing(アイシング) :冷却
  • Compression(コンプレッション) :圧迫
  • Elevation(エレベーション) :拳上

 

 

これらの目的は「腫れ」を最小限にする事、そして、復帰の時期をできるだけ早くする事。ここまでは、これまでお話してきた通りです。

 

 

であれば、RICE処置以外には「腫れ」を少しでも減らす為に、できるだけの事をしておきたい、そう選手が思うのは当然です。

 

しかし、その逆にそれをやったら「腫れ」がひどくなるぞ!と、私から見たら完全にNGな行動をとっている選手がいるのもまた事実です。

 

 

せっかく、意識高く怪我に取り組もうとしているのですから、知らなかったではもったいない3つの事をぜひ知っておいて下さい。

 

参考記事
▶足首捻挫の痛みと腫れへの応急処置とは?医者がRICE処置の基本を解説

 

 

 

足首捻挫の症状をひどくしないために

まず、1つ目のNG行動は「お風呂」です。もっと詳しく言うと、お風呂の「湯船」に入る事です。

 

シャワーはOK!

 

 

これは、説明するまでも無いと思いますが、湯船というのは体を温める為に入るものです。

 

体温が上がると循環は良くなります。そうすると、怪我している部位からは内出血が増えて、「腫れ」がひどくなりズキズキして痛くなります。

 

ですから、湯船はNGです。

 

 

 

 

しかし、軽くシャワーは問題ありません。それくらいでは体が温まる事はないからです。

 

ただ、立った状態が長い事続くと

  • ・Elevtion(エレベーション) :拳上

が出来ていない事になりますから、あくまでも短時間で浴びて下さいね。

 

参考記事
▶足首捻挫の痛みと腫れへの応急処置とは?医者がRICE処置の基本を解説

 

 

足首捻挫の処置とは

2つ目は、患部外トレーニングです。患部外トレーニングとは、怪我をした部分以外のトレーニングの事です。

 

「怪我をしてすぐにトレーニングする人なんていないでしょ?」と思うかもしれませんが、そうでもないのです。

 

 

例えば、最も多い足首捻挫の場合を考えます。

 

「痛いのは足首だけ。他の部分は元気なんだから、他の選手に遅れないためにも腹筋、背筋くらいはしておきたい!」そんな選手は意外と多く、

怪我をした次の日からトレーニングをしたり、もっとひどい時は、怪我をした2時間後にはトレーニングを始めた、なんていう事もあります。

 

 

これは完全にNGです。

 

「怪我以外の部分ならいいでしょ?」と思うかもしれませんが、そのせいで身体の循環が良くなって体が温まってしまいます。怪我をしたら2日間はできるだけ動いてはいけません。

 

参考記事
▶足首捻挫の痛みと腫れへの応急処置とは?医者がRICE処置の基本を解説

 

 

 

足首捻挫の処置での最後のNG

最後は、お酒です。これは、未成年の選手には関係ありませんが、大学生などでたまに聞かれる事があります。

 

きっと、怪我をしたら練習もできないし暇なのでしょう。しかし、これはめちゃくちゃ腫れます。

 

お酒を飲むと顔がボーっと温かくなっていい気持になりますよね。あれはアルコールのせいですが、同時に循環が良くなり体温は上がります。

 

 

その上、当然のことながら、飲み会の場ではRICE処置ができるはずもなく最悪の状態です。

 

 

そういう私も学生の頃、シーズン最後の試合で足首捻挫をした事があり、軽いノリで打ち上げに参加してお酒を飲んだ事がありました。

 

予想通り、その次の日にはパンパンに腫れてしまい、復帰に予想以上の時間がかかってしまったという苦い経験があります。完全に無知によるもので恥ずかしい限りです。

 

 

とにかく、怪我をした後は体の循環が良くならないようにし、「腫れ」を最小限にする事に集中して下さい。

 

 

それから、よく聞かれる事の1つに湿布がありますが、できれば、氷を使ったアイシングをして下さい。

 

詳細はまたお話ししますが、湿布にも循環をよくする薬剤が入っている事があり、冷たく感じるから大丈夫を思うかもしれませんが注意が必要です。

 

 

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

 

参考記事
▶足首捻挫の痛みと腫れへの応急処置とは?医者がRICE処置の基本を解説

 

 

 

関連記事はこちらになります

▶足首捻挫の痛みと腫れへの応急処置とは?医者がRICE処置の基本を解説

足首捻挫で腫れを減らす意味とは?!RICE処置をさらに詳しく解説
足首捻挫は腫れる前に冷やそう!医者が自宅でできるアイシングの簡単な方法を解説

▶足首の痛みと腫れが外側か内側か前側か後ろ側にあるかで治療が変わる!!医者による足首の痛み部位別まとめ

▶足首の捻挫と骨折の違いとは?足首の骨や靭帯などの基本構造を医者が徹底解説
▶足首の内反捻挫や外反捻挫ってどういう意味?医者が足首の動きを詳しく解説

▶足首の捻挫だと思ったら骨折だった!!医者が外果骨折と内果骨折の違いを徹底解説

▶足首内側の靭帯を捻挫した痛みについて医者が外反捻挫を詳しく解説

足首捻挫で外側のくるぶしが腫れた!!医者が内反捻挫を詳しく解説

▶足首を捻挫したと思ったら骨折だった!!外果骨折と内果骨折とは

▶アキレス腱の痛みで朝のランニングができないのは痛風のせい?治療と対処法を医者が解説

足首捻挫で腫れた症状への処置とは?テーピングの巻き方で治療期間は変わる

▶足首捻挫で腫れを減らす意味とは?!RICE処置をさらに詳しく解説
子供の足首捻挫はテーピングするな!!大人とは違う治療の考え方とは?!

▶くるぶし骨折の治療をリハビリと手術について徹底解説
スポーツリハビリやるならどんな病院がいいの?!評判はスタッフで決まる!!

▶足首捻挫の予防法をスポーツドクターが解説 テーピング以外の方法とは
足首の関節がゴリゴリ鳴ると痛みが出る どうすれば完治するの?
▶足首捻挫の治療を2週間しても治らない時の対処法とは?医者が脛腓靭帯損傷を解説
足首捻挫の治療で痛みが長引く時に考えるべき事とは?医者が脛腓靭帯剥離骨折を解説

 

スポンサードリンク
  • 足首捻挫で腫れなどの症状への処置でしてはいけない事を医者が詳しく解説 はコメントを受け付けていません。

関連記事

  1. 足首捻挫直後の応急処置
  2. ブロック状の氷をビニール袋に入れて足をアイシングしている図

プロフィール

2017-04-08_151306 はじめまして、スポドクKです。私はプロサッカー選手を目指していましたが怪我で諦めました。その後、スポーツドクターを志し、現在はプロ選手からスポーツ愛好家の方々の怪我を治すのはもちろん、彼らの能力が最大限に発揮されるようにサポートしています。私自身がプロ選手を目指していましたし、現在まで多くのプロ選手をサポートしてきたので、スポーツドクターの視点から選手がステップアップするためのヒントをお伝えすることができます。ですから、怪我をしている時はもちろんのこと、怪我をしていなくても私が伝えられることは沢山あるのです。そして、私はアドバイスをする時は、現役時代だけではなくその人の人生全体を見た時にどうするべきかという視点を大切にしています。壁にぶつかったり、行き詰ったりしていて、何かヒントが欲しい時は気軽にお問い合わせ下さい。そうすることできっと前に進めるはずです。 ⇒詳しくはこちら

おすすめカテゴリー記事